筑紫書体ってどんな書体?

1997年、藤田さんはこれまでの文字部から、社長付へと異動し、パイプ役を任されるようになります。

しかしそれは、文字を作れなくなることを意味するものでした。

そんなとき、藤田さんにフォントワークスからの打診があり、家族の今後も考えて、福岡へ戻ることを決意。

1998年、フォントワークスへ移籍。

1999年から、仕事のかたわら、筑紫書体の制作を開始します。

筑紫明朝の制作だけで、5年の歳月を費やしました。

花火のように広がる画線に生き生きとしたものを宿したい」という想いで、藤田さんは筑紫書体を作られていました。

こうして作り上げた筑紫書体(筑紫オールド明朝・筑紫丸ゴシック)で、2010年度の東京TDC賞を見事受賞。

筑紫オールド明朝体↓
fujita_c-310x440
出典:http://tdctokyo.org/

たとえば下の本の装丁に、筑紫明朝が使われています。

02305406_1
出典:http://honto.jp/

筑紫明朝は、知的なシーンに似合うと言われます。

この本の装丁も、すごく素敵ですね。

この文字によって、知性が引き立った気がします。^^

スポンサードリンク

藤田重信の妻と子供は?猫と薔薇が好き?

独創的な文字を生み出すため、時に「異端」と称される藤田さん。

そんな藤田さんのお好きなものは、薔薇FIAT500だそうです。

藤田さんのツイッターにはこれでもか!というくらい、素敵な薔薇の花の写真が掲載されていて、目の癒しになりましたよ。

FIAT500については、私は知らなかったのですが、調べてみたところ、イタリア車なんですね。

どんなものでもこだわってお選びになるところが、ステキです。

 

ちなみに藤田さんのご家族は、5人家族だそうです。

妻と娘さんがいらっしゃることはツイッターからわかったのですが、残る二人の家族構成については、情報がなくてわかりませんでした。

(お子さんが3人でしょうか?それともどちらかの両親とご同居とか?)

それから、猫4匹と犬1匹も飼っていらっしゃるようです。

藤田さんのツイッターに掲載されている猫の写真が、とても愛くるしくてカワイイ!!

他にも見てみたい方は、以下のリンクにアクセスしてみてくださいね。^^

藤田重信さんのツイッター↓
https://twitter.com/tsukushi55?lang=ja

おわりに

日々私はパソコンに向かっておりますが、あのフォントもこのフォントも、実はデザイナーさんたちが苦心して、制作したものなんですね。

当たり前のように使っていたので、今まであまり意識を向けたことがなかったです。

使う書体もだいたい、標準的な明朝かゴシックで、そのほかのフォントを選ぶことはあまりしていませんでした。

今回の記事をきっかけに、もっとたくさんのフォントに目を向けてみたいと思います。

そして、いつか、筑紫書体も使ってみたいな!*^^*

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事もよろしければどうぞ!^^

荻田和秀(産婦人科医)がプロフェッショナルに出演!病院はどこ?ジャズピアニストのライブ情報!漫画「コウノドリ」モデルのwiki風プロフィールと経歴や大学も!

請川博一(うけがわひろいち)・ドローンパイロットの出身や学歴は?オススメドローン店について!【プロフェッショナル仕事の流儀】