フジコ、両耳の聴力を失う!

ドイツ留学時、作曲家・指揮者のブルーノ・マデルナ氏に才能を認められ、彼のソリストとして契約するという、大きなチャンスを手に入れることができたフジコさん。

ところが、リサイタル直前に風邪をこじらせ(貧しさで、真冬の部屋に暖房をつけることができなかったとか・・・)、さらに聴力を失うというアクシデントに見舞われてしまいます。

フジコさんは、既に16歳の頃、中耳炎の悪化により右耳の聴力を失っていたのですが、この時に左耳の聴力も失ってしまい、演奏家としてのキャリアを一時中断しなければならなくなりました。

ストックホルムの街↓
444535b333e08c35_m
出典:https://retrip.jp/

フジコさんは失意の中、スウェーデンのストックホルムに移住。

耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を得て、以後はピアノ教師をしながら欧州各地でコンサート活動を続けられました。

フジコさんの左耳は、現在、40%回復しているそうです。

スポンサードリンク

ブームのきっかけはラ・カンパネラ?!【動画】

母の死後、1995年に日本へ帰国し、母校東京芸大の旧奏楽堂などでコンサート活動を行っていました。

1999年2月11日、NHKのドキュメント番組『ETV特集』「フジコ〜あるピアニストの軌跡〜」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが巻き起こりました。

その後、発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットに。

ダウンロード (1)
出典:http://www.amazon.co.jp/

やがて、1999年10月15日の東京オペラシティ大ホールでの復活リサイタルを皮切りに、本格的な音楽活動を再開し、国内外で活躍することとなります。

2001年6月7日にはカーネギー・ホールでのリサイタルも披露。

現在、ソロ活動に加え、海外の有名オーケストラ、室内楽奏者との共演とご活躍されていらっしゃいます。

最後に、ラ・カンパネラの動画を見つけましたので、よろしければどうぞお楽しみください。

おわりに

フジコ・ヘミングさんは、愛猫家、愛犬家の動物愛護家としても知られています。

フジコさんの東京の家には猫30匹に犬が1匹飼っていらっしゃるそうですが、猫たちはみんな、捨て猫や野良猫。

可哀想な猫を見ると居ても立ってもいられなくなるんだそうです。

5/30の『深イイ話』では、フジコさんのご自宅の様子も見られるそうですから、楽しみですね!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。