廣村正彰のプロフィール!結婚や妻は?作品も見たい!【プロフェッショナル】

師匠・田中一光について

廣村さんのお師匠は、田中一光(たなか いっこう)さんといい、彼もまたすぐれたグラフィック・デザイナーでした。

田中一光のプロフィール


出典:http://6mirai.tokyo-midtown.com/

名前:田中 一光(たなか いっこう) ※本名:たなか かずあき
生年月日:1930年1月13日
没年月日: 2002年1月10日
出身地:奈良県奈良市

昭和期を代表するグラフィック・デザイナー。

1950年(昭和25年)に、京都市立美術専門学校(現在の京都市立芸術大学)を卒業。

卒業後、鐘淵紡績(現在のクラシエ)、産経新聞社、ライトパブリシティなどを経て、1963年に田中一光デザイン室を主宰。

グラフィック・デザインや広告の分野でご活躍され、日本のデザイン界に大きな影響を与えました。

日本万国博覧会政府館の展示設計や、西武流通グループ(現・セゾングループ)のアートディレクターとして活躍されました。

西武デパートの包装紙をデザインされたのも彼なんだそうです!

西武デパートの包装紙↓
o0200027511313359770
出典:http://ameblo.jp/

田中さんは、店舗空間や環境デザイン、CI(コーポレート・アイデンティティ)計画といったアートディレクションを通して、企業のイメージ戦略をデザインの面から総合的に支える仕事をなさいました。

あの「無印良品」のアートディレクションも、田中さんがなさったそうですから、ビックリです!

スポンサードリンク

そんなお師匠さんについて、廣村さんはご自身のツイッターの中で、次のように語っていらっしゃいました。

これだけの仕事をされた方のことですから、きっとパワーのある方だったに違いありませんね。

田中さんは、2002年に急性心不全のため、71歳でお亡くなりになりました。

廣村正彰の結婚や家族(妻や子供)について

廣村正彰さんのご家族(妻や子供)については、彼のSNSなどをくまなく調べてみましたが、一切情報が得られませんでした。

ツイッターの投稿も、ほとんどが仕事のことに関することで、よほどお仕事のことばかり考えていらっしゃるのだなぁ・・・と思いました。

だからこそ、一流のデザイナーであり続けられるのでしょうね!

廣村さんの62歳という年齢を考えると、ご結婚されていて、妻や子供もいらっしゃるのではないかとは思いますが・・・。

ご家族のことについては、番組内で取り上げられることを期待したいと思います。^^

おわりに

今回、廣村さんのことを調べていて、あのサインもこのデザインも見たことがある!というものばかりで、とても驚きました。

そして、廣村さんのデザインは、なぜか心がホッとなごむので、無意識のうちになんとなく覚えているんですよね。

サインデザインは決して目立つ存在ではありませんが、私たちの心の中に、確かに影響を及ぼして、人の心を明るくしてくれているんだな・・・と気づかされました。

これからも廣村さんには、みんなの心を温める、ステキなデザインを作り出してほしいと思います。

それでは、本日もお読みいただき、ありがとうございました。

「プロフェッショナル」に出演したデザイナーは他にも!
藤田重信(書体デザイナー)がプロフェッショナルに!wikiプロフィール!家族と愛車は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする