石井誠フレンチシェフ(札幌ル・ミュゼ)のwiki風プロフィール!お店の場所と料金も!

4月2日(土)、テレビ東京系で放送の「クロスロード」に、北海道・札幌のミシュラン一つ星シェフ、石井誠さんがご出演されます。

北海道の自然をテーマに作る石井さんのお料理は、美味しさはもちろん、まるで美術品のような美しさだとか。

今回は、石井誠さんのプロフィールや経歴、妻や子ども、お店「ル・ミュゼ」の場所や料金について、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

ミシュランシェフ・石井誠のwiki風プロフィールと経歴!

1002708_560692420635496_360473994_n
出典:https://www.facebook.com/le.musee.makoto.ishii

名前:石井 誠(いしい まこと)
生年月日:1973年9月14日生(42歳)

1993年(19歳)、札幌プリンスホテルに入社し、3年間フレンチの基礎を学ぶ。

1996年(22歳)、単身渡欧し、フランス、イタリア、スペインに訪れる。
帰国してやりたいと思ったのはイタリアンだったため、2年間、イタリア料理を極めようと思い、真剣に取り組む。

1998年(24歳)、レストラン エノテカ札幌(イタリア料理)のシェフに就任。
しかし、何がしたいのか分からなくなる。イタリア料理の中にある感覚的な要素をフランス料理のしっかりとしたメソッドで組み上げると、より完成度は高まると考え、一からフレンチを独学で勉強し始める。

2002年(28歳)、札幌中央区にル・フェスタン・デュ・ノールをオープン(エノテカ)。

2005年(31歳)、独立し、ル・ミュゼをオープン
(株)ミュゼを設立し、代表として経営者としても多岐に渡り活動をする。

2011年(37歳)、ル・ミュゼは全面改装をし、それまでの3倍規模に拡張。
また、2階にはキッチンを装備した個室で、新たなブランド【イデア】も立ち上げる。

2012年(38歳)、ミシュラン北海道2012年で一ッ星を獲得

2013年、2014年、2015年、101 Best Restaurants in Asia に選ばれる。

その料理観は、一貫して北海道の土地を表現することであり、生態系自然観をテーマにし、創造的な料理を日々創り続けている。

石井誠シェフのお料理は芸術品!画像まとめ!

石井誠さんが作られるお料理は、

見た目がとっても美しいそうです。

気になったので、ちょっと調べてみました。^^

写真の下の言葉は、石井さんご自身によるお料理のタイトルです。

12345548_990773720960695_1632474606248934260_n
エゾ鹿 / 洗練 / 正当性

12310432_990774174293983_775204811754261042_n
野菜 / 調和 / 発見 / 創造

12346326_990775407627193_4565461319113075888_n
じゃがいも / 再生 / 大地のマティーニ

12299175_990775117627222_4326157350578302193_n
牡蠣 / ひとつの個体として・・・

11539227_920504844654250_1306066741240469367_o
“蝦夷バニンウニ / ジュンサイ”

11167949_954320387939362_5063929702309289918_o
タマゴダケのリゾット / 卵黄 / 幼菌が地面から出る様子

12291094_990773854294015_6996606830302227436_o
チーズ / 発酵 / ミルクの結晶

12342457_990773107627423_2018560346941732520_n
薔薇と林檎 / クラシックと前衛

12800119_925777607521642_4064950490331484519_n
2016.03 新作  野菜 / 調和 / 発見 / 創造

12799224_925770050855731_1970841821351693420_n
2016.03 新作  雪解け / 春を待ちわびて・・・

12823380_925782384187831_8691200706256873167_o
2016.03 新作  蝦夷アワビ / 水 / 純粋性

出典すべて:https://www.facebook.com/le.musee.makoto.ishii

ハァ~と、ため息が出るような美しさですね。

私があれこれ述べるのはやめておいて、石井シェフの言葉を引用しておきます。

美しさと美味しさは、密接に関係している。
これは、自論ではなく、事実だ。
勿論、ただキレイなだけの料理も沢山ある。
しかし、汚い料理で美味しいものなどない。
これは、断言できる。
汚いのは、素朴な盛付とは全然違う。
ごくごく素朴な田舎料理であろうが、
シンプルなザル蕎麦だろうが、
焼き鳥だろうが・・
美味しいものは、皆 美しい。

引用:http://makoto-ishii.jugem.jp/?month=201507

石井誠の妻・子どもは?お店はどこに?次のページへ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする