帝京大学ラグビー部監督・岩出雅之の経歴やプロフィール!岩出玲亜との関係は?

年1月10日、秩父宮ラグビー場で行われた大学選手権で、前人未到の7連覇を達成された帝京大学ラグビー部の監督・岩出雅之さんが、2/20(土)放送の「バース・デイ」にご出演されます。

今回は、岩出監督の経歴やプロフィール、陸上競技選手の岩出玲亜さんとの関係について、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

帝京大ラグビー部監督・岩出雅之のプロフィール

岩出監督プロフ
出典:http://president.jp/articles/-/7931

  • 名前:岩出 雅之(いわで まさゆき)
  • 生年月日:1958年2月21日
  • 出身:和歌山県新宮市
  • 出身校:新宮高校を経て、日本体育大学体育学部卒業

日本体育大学ラグビー部では主将としてチームをまとめた。

1980年に日体大を卒業後、滋賀県立八幡工業高校に教員として勤務し、同校を7年連続花園出場に導く

この頃から指導者として頭角を現していたのですね・・・。

その後、高校ラグビー日本代表監督を歴任し、1996年より帝京大学ラグビー部監督、帝京大学経済学部講師に就任。

帝京大学ラグビー部監督になったのは、「少数の有力校に優勝が限られる大学ラグビーに風穴を開けたい」という思いからなんだそうです。

現在は、帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科 教授。

元高校ラグビー日本代表監督。

岩出監督
出典:http://www3.tvk-yokohama.com/anamaga/2013/01/

勝ちに行く眼です↑。

帝京大ラグビー部・7連覇までの歴史

7連覇までの帝京大ラグビー部の歴史がまぶしすぎるので、ご紹介したいと思います。^^

2009年度、全国大学ラグビーフットボール選手権大会において、帝京大は決勝で東海大学に勝利し、創部40年目にして初の大学日本一に輝きます。

さらに翌年度は、早大に勝利して2連覇

2011年度は天理大に競り勝ち3連覇を達成します。

その後はさらなる連覇を目標に掲げ、さらにチーム力を高めて4連覇、5連覇

昨年は筑波大を圧倒して6連覇を果たします。

そして今年、2016年1月の52回大会に優勝し、史上初の7連覇を達成。

7連覇達成後の選手たち↓ おめでとうございます!*^^*
東海大を下し、大学選手権7連覇を達成した帝京大
出典:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2016/01/11/

大学ラグビーでの連覇達成の記録は、帝京大のほかには、同志社大が1982~84年度に3連覇を達成した記録が最高のようです。

このことを見ても、学生ラグビーで勝ち続けることの難しさが分ります。

毎年メンバーが入れ替わる環境で、岩出監督はどうやって選手やチームのレベルを維持し、7連覇達成までチームを導いたのか、とっても知りたいです。^^

岩出監督の著書にヒントがあるかもしれません。↓

『信じて根を張れ!~楕円のボールは信じるヤツの前に落ちてくる~』(小学館・2010)

『負けない作法』(森吉弘との共著・集英社・2015)

陸上選手・岩出玲亜との関係は?!続きは次のページへ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする