絵本作家としての顔も!

2013年からは、川村さん、絵本も書いていらっしゃいます。

ちょっとご紹介しますね。

41INj0klQpL._SX404_BO1,204,203,200_
出典:http://www.amazon.co.jp/ティニーふうせんいぬものがたり

佐野研二郎さんとの共著の絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』です。

NHKにて『ふうせんいぬティニー』としてアニメ化もされたみたいですね。

41VnRK8ujPL._SX405_BO1,204,203,200_
出典:http://www.amazon.co.jp/ムーム(MOEのえほん)

2014年、益子悠紀との共著の絵本『ムーム』。

こちらも短編アニメ映画化が決定。

411b6K5XLlL._SX332_BO1,204,203,200_
出典:http://www.amazon.co.jp/パティシエのモンスター

2015年、サカモトリョウとの共著の絵本『パティシエのモンスター』。

彼女はいるの?結婚は?!

川村さんに彼女や恋人がいるのか、またご結婚されているのか、リサーチしてみましたが、まったくそのような情報は得られませんでした。

恋愛とか女性とか、興味ないのかな・・・と諦めかけていたとき、あるインタビュー記事で、川村さんが、恋愛について語っているのをキャッチしました!

今執筆されているのは、なんと恋愛小説!だそうで、ご自身の恋愛小説について、語っていらっしゃいました。

僕は今36歳なんですけど、周りに「恋愛」をしている人がほとんどいないんです。まるで東京から恋愛が消えたかのように。
結婚している人は恋愛感情を失っていくし、独身の男友達にしても、セックスはあっても恋愛はしていない。
独身の女性は「好きな人ができない」と言っている。それで、「あれ?恋愛はどこにいってしまったんだろう?」と。
10代の頃に感じていた、相手のことを想って胸が苦しくなるような感情とか嫉妬心はどこに行ってしまったんだろうという思いがあって、ファンタジーではなく現実として「恋愛が消えた東京」で恋愛とは何かを探す男女の物語を書いています。
出典:http://www.sinkan.jp/news/index_6341.html

恋愛について、関心がないわけではなさそうです。*^^*

また、人間の力でコントロールできないものとして、「死」と「お金」のほかに、「恋愛」を挙げていらっしゃって、川村さんにとってものすごく興味の対象になっているようです。

川村さんの実際の恋愛がどうなのかわかりませんでしたが、ともあれ、川村さんがどんなふうに恋愛を描かれるのかは、とっても楽しみです。*^^*

スポンサードリンク

おわりに

どうしたらこんなにたくさんのヒット作を生み出せるのか、川村さんの頭の中をのぞいてみたくなりました。^^

川村さんは、脳の半分くらいに「違和感ボックス」を持っていて、そこに気づきやひらめきをいつも貯めていて、ものづくりのヒントにしているんだそうです。

そんな授業を子供たちにしてくれるのでしょうか?!

「ようこそ先輩!」、放送を楽しみにしたいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。