キンタロー。殺害予告がブログに?元AKB48前田敦子のモノマネ芸人がしくじり先生に!

キンタロー。、ブログに殺害予告された真相とは?!

2012年12月26日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)において、キンタロー。さんは、元AKB48の前田敦子さんに扮して出演していました。

i320
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

出演者の指示により、他の芸人と一緒にカメラに向かってお尻を突き出し、その後「お尻を出しても、嫌いにならないでください!」と叫ぶなどしたことをきっかけに、AKB48のファンによってキンタロー。さんのブログが炎上

さらに、翌日27日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)内の「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」において初出場で優勝しましたが、再びブログが荒らされる騒ぎに。

この2番組をきっかけに、翌2013年、デビュー1年目にして大ブレイクしたキンタロー。さんでしたが、モノマネが失礼だとして熱狂的なファンから怒りを買い、その後、数え切れないほどの殺害予告が舞い込んだんだそうです。

殺害を予告したネットユーザーは「ぶっ殺してやるよ!二度とあっちゃんのモノマネするなよ! マジで殺してやるよ! 死ね死ね死ねきめんだよ! あー!もーなんでてめーがテレビにでてんだよ! 本当消えろブタ」などとコメントし、その後も『殺してやるよ』や『あー殺す』などの名前でコメントの投稿をしていたようです。

その上自宅を特定され、襲撃計画を立てられて、あまりの恐怖にキンタロー。さんは、計3回も引っ越したんだそうですね。

スポンサードリンク

前田敦子さんのモノマネに対しては賛否両論の声が多く、当時、コメントには以下のような内容が多数書かれていたそうです。

「あの山ちゃんが公認するほど、似ている!! 個性が出ていて、面白かったです!! 手に顔が、バシッとあたるのが面白かったです!! 批判はあるかもしれませんが、頑張って下さい!!」

「元の映像は知らなかったのですけど充分に楽しませていただきました。今後の活躍に期待してますね(・∀・)!」

「うちAKB嫌いやけど別にいいんじゃね?」

「面白かったです。どうして他の芸能人が物まねされてもファンは怒らないのに、AKBだとここまで異常に怒り狂うのかよく分かりません。よほど好きなんでしょうがわざわざ本人のブログまで書き込みにくるという行動も理解しかねます…ここで誹謗中傷を書き込んでもAKBファンのイメージが悪くなるだけなのに 私はすごく面白いと思いました。応援しています。」

「前田敦子のモノマネ辞めて下さぁーい(>___<)」

「本当にあっちゃんが好きだったら本人が嫌がることなんてやんねーだろ!」

「なにモノマネしてんだよ なにがあっちゃんすきだよ そんなんで好きとかいえんのか お前ら二人次したら知らねーぞ」

以上、引用:http://rocketnews24.com/

コメント全体としては、どちらかというと「面白い」など肯定的な意見が多かったものの、前田さんのファンと思われる人たちからは、「自殺したくなった」や「次したら知らねーぞ」など、過激な発言が見受けられたようです。

ちなみに、AKB48ファンを公言している南海キャンディーズの山里さんは、先述の『有吉反省会』の中で、「あまり見ないようにして声だけ聞いてると、本当にあっちゃんと喋っているんじゃないかなってドキドキもあって‥いいんじゃない?」と、キンタロー。さんのモノマネに肯定的な評価をされていました。

キンタロー。さんのモノマネを確かめたい方は、こちらの動画をご覧くださいね。^^

おわりに

キンタロー。さんご自身は、なぜ殺害予告されるまでに至ったのか、その原因を考えていくうちに、「自分にはデリカシーがなかった」ことに思い至ったのだそうです。

5/16『しくじり先生』では、相手の気持ちを考えず、デリカシーのない失礼なネタで笑いを取っていたため、世間から怒りを買い、殺害予告を受けるまでになってしまったと反省されるのだとか。

そのほか番組では、キンタロー。さんを恐怖のどん底に突き落とした、“赤文字のナゾの手紙”についてや、ご自身の驚くべき‟ノンデリカシー”行動についても告白してくれるそうですので、楽しみにしたいと思います。^^

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする