近藤知之(学生服トンボ社長)がカンブリア宮殿に出演!経歴や大学は?

6月9日(木)放送の
『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に、
大手学生服のトンボ社長

近藤知之(こんどうともゆき)さんが
ご出演されます。

今回は、

  • 近藤知之さんのプロフィールと経歴
  • 株式会社トンボ
  • 趣味のガーデニング
  • トンボのブランド制服

について、ちょっと調べてみました。

『カンブリア宮殿』の人気記事

村岡浩司(九州パンケーキ社長)がカンブリア宮殿に!年齢は?wikiと経歴・プロフィール!一平寿し2代目が熊本地震を復興支援?!

スポンサーリンク

トンボ社長・近藤知之のwiki風プロフィールと経歴!

とんぼ
出典:https://www.facebook.com/

名前:近藤 知之(こんどう ともゆき)
生年:1955年(60または61歳)
出身地:岡山県真庭市
出身校:中央大学文学部
座右の銘:万巻の書を読み、万里の路を行く

1980年、テイコク(現トンボ)入社。

1999年、営業統括本部販売統括部長。

2001年、取締役営業統括第一営業本部長。

2003年常務、2010年専務。

2012年9月、社長就任。

学生服大手・株式会社トンボとは?

img_view
出典:http://www.tombow.gr.jp/

株式会社トンボは、
岡山県岡山市北区厚生町に本社を置く、
学生服の大手メーカー。

大手学生服4社のうちの1社に数えられます。

全国各地の学生服・女子通学服を取り扱い、
品質の高さに定評があります。

同じく岡山市に本社を置く
菅公学生服と共に、現在、
二大メーカーとして高い知名度を誇っています。

2006年までは、テイコク株式会社
という社名でした。

トンボの歴史は1876年、
三宅熊五郎氏が現在の
岡山県玉野市八浜で創業し、
足袋の製造を開始したのが始まりです。

三宅熊五郎氏↓
photo_1876
出典:http://www.tombow.gr.jp/

洋装の時代が来ることを見越して、
1930年より学生服の製造を開始。

1955年に、制服のブランド名を
「トンボ」に制定しました。

第一次ベビーブームの影響もあり、
トンボは、徐々に業績を拡大していきました。

トンボ学生服の特長は、
革新性デザイン力に重点を置いていること。

そのため、1970年代以降、
多くの学生服メーカーが
倒産していくなかでも生き残り、
今年、創業140周年を迎えました。

数あるユニフォームメーカーの中でも
めずらしく、過去何代にも渡って
非同族の社員がトップに就いているのも特徴。

社員ひとりひとりが経営参画の意識を持ち、
全員経営を実践している企業です。

大手学生服4社とは、トンボ(トンボ学生服)、㈱明石スクールユニフォームカンパニー(富士ヨット学生服)、瀧本(スクールタイガー学生服)、菅公学生服(カンコー学生服)での4社です。

近藤知之社長の趣味はガーデニング?!

近藤知之さんは、入社から営業一筋だったそう。

社内からは“昼夜を分かたぬ営業”、
ライバル他社からは“要注意人物”として
おそれられたほどでした。

近藤さんは、前社長の
落司量則(おとしかずのり)会長が
係長のときから、部下として
営業ノウハウを叩き込まれました。

落司量則氏↓
senkei_201112_interview01
出典:http://www.tkc.jp/

そのため近藤さんは、
落司会長を「師匠」と仰いでいらっしゃいます。

一方で、意外ですが、
近藤さんの趣味はガーデニング

春の終わりから秋口までポーチュラカを、
秋から春にかけてビオラを育て、
観賞して楽しんでいらっしゃるそうです。

ポーラチュカ↓
c00685
出典:http://www.yasashi.info/

そのほかにも、
ドレスシャツが好きなことから
カフリンクスを収集しており、
100個ほど所有しているとのこと。

また、シャツやスーツにも
こだわりをお持ちなんだそうです。

おしゃれに気遣う近藤さんですが、
息子さんは服装に無頓着なんだそうで、
「本当に自分の息子かと思うときもある」と
おっしゃっておられました。^^

トンボのブランド制服が見たい!次のページへ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする