町田修、うさぎへの想いを熱く語る

町田さんのうさぎに対する熱い想いを綴った文章を見つけました。

とても心を打たれましたので、ちょっと長いですが、そのまま掲載したいと思います。

10年前、うさちゃんはペットショップで数千円で売られていることが多く見られました。数千円で購入したうさちゃんを獣医師に連れて行くと購入した金額よりも診療費がかかってしまう為、病気でもなるべく獣医師につれていかない方が多くいたんです。

純血種で高い価格のうさちゃんなら獣医師に診てもらえるという事ではありませんが、うさちゃんをこだわって繁殖させて行くには、当然人件費もかかりますし、その子を飼い主のみなさんが育てて行くには、やはり費用がかかるんです。ですから、その事を分かって欲しい。真剣に考えて欲しい。

うさちゃんと生活する時、先ずは無理をしない生活をイメージして下さい。
そして、ご自分の性格やうさちゃんにかけられる経済的なこともイメージして下さい。
そして、その後はお店のスタッフに聞いていただければ、貴方にあった子を探すことができると思います。

引用:http://www.rabbittail.com/about/

私の友人にもうさぎを飼っている男性がいますが、エサ代がけっこうかかるとぼやいていたのを思い出します。^^;

ペットはかわいいけれど、飼うとなると責任が伴いますね・・・。

スポンサードリンク

ラビットショー、そして「うさフェスタ」とは?!

町田修さんの経歴に記載の「ラビットショー」と「うさフェスタ」、気になったので、ちょっと調べてみました。

ラビットショーとは?!

町田さんが、横浜ベイラビットクラブ会長として開催されているラビットショーについてご紹介します。

ラビットショーとは、アメリカのラビット協会「American Rabbit Breeders Association(ARBA)」が純血種として定める46品種のうさぎについて、品種基準(スタンダード)により近いうさぎを審査する大会です。

純血種の啓蒙と普及を目的として開催されています。

調べていると、ブリーダーさんやうさぎ専門店の人など、プロの人たち中心のイベントのような印象を受けました。


出典:http://usaginomiyako.jp/rabbitshow/

うさフェスタは楽しそう!!

うさフェスタは、町田さんのお店・うさぎのしっぽが開催している、年に一回のうさぎの祭典です。

第1回目はささやかだったそうですが、今では、1万人を超えるうさぎ飼いが集結するイベントになっているそうです。


出典:http://usafesta.rabbittail.com/2015/

うさフェスタは、一般のうさぎ飼いさんたち向けのイベントで、内容もとっても楽しそうです。*^^*

例えば・・・、

うさちゃんの気持ちを知るための観察方法の講習会

●うさぎのしっぽが提案する新しいコミュニケーション方法
『うさぎのクリッカートレーニング』の紹介

有名獣医師による講習会

愛情いっぱいのスキンシップをテーマとした『動画コンテスト

●毎回感動を呼ぶ、うさちゃんへの感謝の気持ちを言葉にした『ありがとう感謝状展

そして、なんと、うさフェスタの大人気イベントだという、『うさぎのファッションコンテスト』まで開催されるそうです!

usafes2015-5
出典:http://usafesta.rabbittail.com/2015/fashionshow/

いやいや、カワイイですね!!本物ですよね?!

ぬいぐるみみたいですね!

カワイすぎて、めまいがしてきました・・・。(@_@;)

おわりに

前述のうさぎを飼っている友人には、飼っているうさぎの写メを見せてもらったのですが、こちらもめちゃくちゃかわいかったです♡

ペットうさぎは、これからどんどんポピュラーになっていくかもしれませんね。

「マツコの知らないうさぎ暮らしの世界」とはどんなものか、放送が楽しみです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。