水森亜土(あどちゃん)の夫と子ども、本名は?自宅とアトリエの場所はどこ?

4月19日(火)、TBS系で放送の「マツコの知らない世界SP」に、水森亜土(みずもりあど)さんがご出演されます。

透明アクリルボードに両手で絵を描きながら歌う「歌のおねえさん」としてデビューし、一斉を風靡。
亜土さんが描き出すキュートなイラストは、今も世代を超えて愛されています。

今回は、水森亜土さんのプロフィールや本名、夫や子ども、自宅とアトリエの場所について、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

水森亜土(あどちゃん)のwiki風プロフィールと経歴!


出典:http://slowpace.blog.jp/archives/50948342.html

名前:水森 亜土(みずもり あど)
本名:里吉 文江(さとよし ふみえ)(旧姓:水森)
生年月日:1939年12月23日(76歳)
出身:東京都中央区日本橋
出身校:桜蔭中学校・高等学校
所属:劇団未来劇場 亜土工房
愛称:あどちゃん、あどタン

イラストレーター、歌手、女優、画家、作家。

父は建築家、母は画家。
実家は事業を営んでいて多数の従業員を雇い、にぎやかな家庭環境で育つ。

桜蔭中・高学校を経て、母親から毎日「絵手紙」送る事を条件に、ハワイのモロカイスクールに留学し、英語とジャズに触れる。

1970年代に、日本放送協会 NHKのテレビ番組「たのしいきょうしつ」で、「歌のおねえさん」としてデビューし、透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスで話題になる。

両手で絵を描く亜土さんが見られます↓

猫のキャラクターやカップルがキスしているイラストを得意とする。

26864781
出典:http://matome.naver.jp/odai/2140447153148266501

アニメ「ひみつのアッコちゃん」のエンディング「すきすきソング」でも注目され、「Dr.スランプ アラレちゃん」のオープニング・エンディングなど、かわいらしい歌等には積極的に参加している。

すきすきソング↓

その後、夫・里吉しげみが主催する「劇団未来劇場」での看板女優として活躍。
役者の他に、ポスターやチラシのイラストを担当。

ジャズ歌手、童謡歌手、画家、作家、そして主婦と、多彩な才能を発揮している。

現在、ソニー・クリエイティブプロダクツをはじめ各社から亜土ちゃんグッズが多数発売されている。

亜土ちゃんグッズが買えます→亜土ちゃんストア

水森亜土(あどちゃん)ってどんな人?性格は?障害も?

水森亜土さんは、三代続く江戸っ子のお生まれらしく、すごく世話焼きな側面があるようです。

劇団員25人のまかないを作ったり、チャッチャと送り迎えしたり、親族の介護を続けたりもしているようです。

この介護生活は長きにわたっており、義父に始まり義母、自分の父母、近所に住む義姉、親友、そしてずっと一緒に介護してきた義姉を介護されてきたそうです。

亜土さん、ものすごく大変だろうと思うんですが、いつも笑顔を絶やさないんだそうですよ。

亜土さんは、子供の頃は、成績が今一つだったりして、コンプレックスや引っ込み思案を抱えていたこともあるそうです。

でも、美大に落ちて落ち込んでいたときに、母の勧めでハワイに行くことになりました。

この1年8か月の留学(遊学?)で、英語を学び、ジャズに出会ったことが、亜土さんの人生を大きく変えることになります。

※4/22追記
「水森亜土さんには何か障害があるの?」というご質問を多数いただいたので、ちょっと調べてみました。

亜土さんは、吃音症をお持ちだそうです。

その原因は、「左利きだったのを、無理やり矯正させられたから」とご本人がおっしゃっておられました。

子供の頃に強いストレスにさらされると、それが原因で吃音になることがあるようです。

左利きの矯正も、子供の頃の亜土さんにとって、きっとかなりの負担であったのでしょう。

亜土ちゃんの夫と子どもは?自宅とアトリエの場所は?次のページへ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりの者 より:

    通りすがりの者です。お邪魔します。
    本日、サワコの朝に出演しておりました。
    ・吃音はジャズを歌うことで直った
    ・ジャズはハワイに行く前にすでに出合っている
    ようです。