さくら住宅社長・二宮生憲の経歴やプロフィールは?リフォームで受賞?【カンブリア宮殿】

さくら住宅、18年連続黒字の秘密とは?

さくら住宅の仕事の4割が、よその会社はやりたがらない小工事。

でも、小さな仕事を精一杯大切に扱ってきたからこそ、お客様からの信頼を勝ち取ってこられたと、二宮さんはおっしゃいます。

実はさくら住宅の受注の内訳は、工事規模が1件50万円以下のものが全体の65%、300万円以上の工事はわずか5%と、ほとんどが小口受注なんです。

大口が意外と少ないことに、ビックリしますよね!

しかも、どんな小工事でも外注をせず、100%自社施工で行っているそうですから、これが信頼につながらないはずはありませんね!

小規模工事は手間も人件費もかかるため、割に合わないとリフォーム業界では敬遠されています。

実施する場合でも一人で行う場合が多いんだとか。

これに対しさくら住宅では、網戸の張り替えなどのどんな小さな工事でも、営業スタッフが現場でヒアリングし、社内で設計。

工務担当と「引き継ぎ会」を行い、現場には工務と職人で対応。

工事後、必要により営業が最終確認に行くという流れが確立しているんだそうです。

さくら住宅の施工は、そこまでやるのか!と言いたくなるほど、圧倒的に丁寧なんですね!

こんなに丁寧に仕事をしてくれるなら、アレもコレもと、次々お願いしたくなっちゃいます。^^

さくら住宅では、こうした小規模工事の積み重ねの結果、常に70%以上という驚異のリピート率を誇っており、これが18年連続黒字につながりました。

「小さな工事で3回現場に行けば、ほとんど利益は出ないが、これができないと大きな仕事にはつながらない」と二宮さんはおっしゃいます。

大きな成果を得るためには、当たり前の小さなことを丁寧に積み重ねることが必要なんですね。

これこそ当たり前のことですが、あらためて勉強になりました!^^

スポンサードリンク

2015年、さくら住宅がダブル受賞?!

リフォームを通じて少しでも皆様のお役に立つことが、さくら住宅の存在意義だと常々おっしゃっている二宮さん。

その取り組みが、2015年3月にダブル受賞という形で見事、世に認められました。

まず、経済産業大臣による「2014年度先進的なリフォーム事業者」表彰において、さくら住宅が選ばれました。

この制度は、消費者の多様なニーズに対応し、独自のビジネスモデルでリフォーム市場の拡大に貢献する事業所を表彰するものです。

さらにさくら住宅は、「第5回 日本でいちばん大切にしたい会社」の〈審査委員会特別賞〉も受賞。

人を幸せにする経営を実践する中小企業として表彰されました。

nihonde1ban-top
出典:http://www.sakura-jutaku.co.jp/

ダブル受賞なんて、そうそうない快挙です。スゴイですね!

さくら住宅についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下のHPにアクセスしてみてくださいね。
[建築とインテリアの専門店]株式会社さくら住宅

「日本でいちばん大切にしたい会社」という本があり、法政大学大学院教授の坂本光司先生が、日本中の7,000社近くを回り、様々な角度から調査して書かれた。ビジネス書としては、65万部の大ベストセラーになっている。

おわりに

二宮生憲さんは、「どれだけ人のお役に立てるかが大事」であり、「お金は後からついてくるものだ」とおっしゃっています。

お金儲けに走らない結果として儲かり、18期連続黒字を達成できたと、とある記事でもおっしゃっておられました。

今回、二宮さんとさくら住宅のことを調べていて、当たり前のことをコツコツ地道に続けていくことの大切さに、あらためて気づかされました。

そして、私も住まいをリフォームすることがあったら、そのときはさくら住宅さんにお願いしたいです!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事もよろしければどうぞ!^^

近藤知之(学生服トンボ社長)がカンブリア宮殿に出演!経歴や大学は?

村岡浩司(九州パンケーキ社長)がカンブリア宮殿に!年齢は?wikiと経歴・プロフィール!一平寿し2代目が熊本地震を復興支援?!

ふくや社長川原正孝(博多明太子)がカンブリア宮殿に出演!学歴や経歴、wikiプロフィール!新商品も紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする