6月5日(日)放送の『情熱大陸』(TBS系)に、ソプラノ歌手の田中彩子(たなかあやこ)さんがご出演されます。

田中さんは、「100年に1人」とも称される“ハイ・コロラトゥーラ”。

ウィーン在住で、ヨーロッパを中心にご活躍されています。

今回は、田中彩子さんのプロフィールと経歴ハイ・コロラトゥーラ中学高校彼氏や結婚ノーブラと肉食について、ちょっと調べてみました。

『情熱大陸』の人気記事

山内惠介(イケメン演歌歌手)が情熱大陸に!オネエなの?彼女や結婚は?演歌界の貴公子の身長・体重、高校は?

スポンサーリンク

ソプラノ歌手・田中彩子のwiki風プロフィールと経歴!

portrait
出典:http://j-two.co.jp/

名前:田中 彩子(たなか あやこ)
生年月日:1984年2月23日(32歳)
出身:京都府
好きなもの:ジブリ映画、料理、お風呂

ソプラノ歌手(ハイ・コロラトゥーラ)

10代から、その類いまれなコロラトゥーラの才能を注目され、ウィーンで本格的に声楽を学ぶ。

22歳で、スイス・ベルンの州立歌劇場において、《フィガロの結婚》でソリスト・デビューを飾る。

同劇場では日本人初、かつ史上最年少での歌劇場デビューとなり、大きな話題を集めた。

翌年、国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクールではオーストリア代表として本選出場を果たした。

グスタフ・マーラー没後100周年にはドイツ・ルーマニア合同フェスティバル”Musica Coronensis”に招待され、マーラー:交響曲第4番のソリストとして出演する。

2012年から、オーストリア政府公認スポンサーで、モーツァルト作曲のオペラ『魔笛』のオーストリアの劇場を回るオペラツアーにて、同オペラの”夜の女王” 役を3年間に渡って公演。

夜の女王を演じる田中さん↓
img2012-10-27
出典:http://j-two.co.jp/

2013年、南米ブエノス・アイレスで行われたコンサート・ツアーでは、「高音は信じられないほど正確、それにもかかわらず響きは柔らかで、まさに天使のよう」と絶賛され、その年のベスト・イベントに選ばれる。

2013-14年、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ストラスブール室内管弦楽団などの定期公演に招待される。

2014-15年、ウィーン2大コンサートホールの1つ、ウィーン・コンツェルトハウスの大ホールにてオルフの《カルミナ・ブラーナ》でのソリスト・デビューで大成功を収める。

2014年11月、エイベックス・クラシックスよりCD「華麗なるコロラトゥーラ」を発表。

cd_m-first
出典:http://j-two.co.jp/

ハイ・コロラトゥーラとは?

ハイ・コロラトゥーラとは、すっごくかみ砕いていうと、「最も高い音域を歌うソプラノのことです。

軽やかな声を持ち、超絶技巧を得意とする人が多いのが特徴。

この音域の曲の中で、もっとも有名なものに、モーツァルトのオペラ『魔笛』の夜の女王によるアリアがあります。

田中さんが得意とするのもモーツァルトだそうで、夜の女王のアリアは難なくこなせるそうですよ。

ちょっと聴いてみましょうか。

こんなに高音域で、なんの力みも感じられないのが、素晴らしいですね!

ピアニスト志望の田中が歌手になったきっかけは?!

「天使の歌声」「鳥のように美しい」と賞賛を浴びる田中さんは、もともとピアニストになるのが夢でした。

3歳からピアノを始め、高校の進路相談で将来はピアニストに、と音大を志望。

ところが、田中さんの手は子供のように小さく、1オクターブにも届きませんでした。

そこで、歌の先生を紹介されることになります。

発声練習で、先生のピアノに合わせ音階を徐々にあげていくと、どこまでも声が出て周囲を驚かせました。

なんと4オクターブまで届いたそう。

「すごい才能がある。私が教えるからウィーンに来なさい」と元宮廷歌手からラブコールを送られ、田中さんは、ヨーロッパ留学を決意。

ウィーンでは一人暮らしをしながら、著名な宮廷歌手のミルカーナ・ニコロヴァ先生について、レッスンを積まれました。

ミルカーナ・ニコロヴァ先生↓
gallup-Milkana-Nikolova
出典:https://www.armenianow.com/

田中彩子の中学高校と彼氏は?ノーブラなの?次のページへ!