4月18日(月)、日テレ系で放送の「1分間の深イイ話×しゃべくり007 SP」に、昭和の大スター・鶴田浩二さんの3女である、鶴田さやかさんがご出演されます。

学校は白百合学園に通い、小学校の頃からタクシーに乗ってたという超お嬢様育ちなんだとか。

今回は、鶴田さやかさんのプロフィールや経歴、父・鶴田浩二さんとご家族のこと、さやかさんのご結婚について、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

鶴田浩二の三女・鶴田さやかのwiki風プロフィールと経歴!

MW-W02-0417
出典:http://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/W02-0417.html

名前:鶴田さやか
本名:小野さやか
生年月日:1960年9月19日(55歳)
出身:東京都
出身校:白百合学園高等学校卒業
身長:156cm
体重:43kg
サイズ:B82・W58・H87
血液型:O型
特技:日舞、洋舞
趣味:乗馬、水泳、器械体操、ウエイトトレーニング

往年の二枚目スター、鶴田浩二の三女。女優・歌手。
旧芸名は里見奈保、小野さやか。

17歳の時、石井ふく子がプロデュースしたドラマ『家族』でデビュー。
『渡る世間は鬼ばかり』『NHK大河・義経』『遠山の金さん』『水戸黄門』『大岡越前』『必殺仕事人』『暴れん坊将軍』等のテレビドラマに出演。

『修羅の群れ』『連合艦隊』『激動の1750日』『首領への道』『機関車先生』等の映画や、『瞼の母』『お蔦主税』『蛍〜お登勢と龍馬』『長崎ぶらぶら節』等の舞台にも出演[

森進一、細川たかし、島倉千代子、小林幸子、里見浩太朗、山川豊、鳥羽一郎、香西かおり、川中美幸、石川さゆり、コロッケ等の歌手の公演にもゲスト出演している。

歌手としては2009年、ソロでCD『涙の宝石』(ビクター)をリリースしている。
父・鶴田浩二の楽曲『好きだった』『赤と黒のブルース』を最新技術により浩二とのデュエットという形で収録した。

317Kz8KdbdL
出典:http://www.amazon.co.jp/涙の宝石

他、多くの歌手とデュエットによりCDをリリースしている。

ザ・プリンスホテルパークタワー東京メロディーライン、目黒雅叙園、銀座東武ホテル、大阪帝国ホテル、全日空ホテル東京、六本木バードランド、赤坂プリンスホテル、クラブアージュ等でディナーショーを開催。

またジャズシンガーとしても活動し、ジャズの専門レーベル、ヴィーナスレコードより初のジャズ・アルバム『All The Things You Are』(君は我がすべて)をリリースしている。

鶴田さやかの父、昭和の大スター・鶴田浩二について

mukousaka-01
出典:http://www.directforce.org/鶴田浩二

名前:鶴田 浩二(つるた こうじ)
本名:小野 榮一(おの えいいち)
生年月日:1924年(大正13年)12月6日
没年月日:1987年(昭和62年)6月16日(満62歳没)
出身:兵庫県西宮市出生。静岡県浜松市出身。

鶴田浩二さんは、昭和を代表する映画スターとして、数多くの映画やドラマに主演されていました。

戦後派として登場し、その抜群の風貌と、時々のぞかせる甘い表情と陰りで一躍トップスターに躍り出ます。

初期はその甘い表情でアイドル的人気を博しましたが、中年期からは任侠映画や戦争ものでみせた渋い魅力で、日本映画を代表する大スターとして長く君臨しました。

また、独特の哀愁を帯びた声と歌唱法により、歌手としても人気が高く、歌手としても多くのヒットを出し、「左耳に左手を沿えて歌う」独特の歌唱法でも有名でした。

鶴田浩二の最大のヒット曲「傷だらけの人生」↓

鶴田さやかの母と家族!結婚は?犬が恋人?次のページへ!