和知徹(肉シェフ)が情熱大陸に!銀座マルディグラの場所と料金は?

5月8日(日)の『情熱大陸』(TBS系)に、東京・銀座の超有名フレンチビストロ「マルティグラ」のオーナーシェフでいらっしゃる、和知徹(わちとおる)さんがご登場されます。

和知さんの肉料理は人々を魅了し、今やお店は、“肉料理の聖地”と呼ばれるほどなんだとか。

今回は、和知徹さんのプロフィールと経歴マルディグラのメニュー場所と料金について、ちょっと調べてみました。

『情熱大陸』の人気記事

水野祐(たすく)弁護士の大学や学歴は?wikiプロフィール!奥さんと子供についても!【情熱大陸】

ミルコ・デムーロ騎手が情熱大陸に!皐月賞の結果は?日本語上手で納豆好きなイタリア人JRAジョッキーとは!

スポンサーリンク

肉シェフ・和知徹のwiki風プロフィールと経歴!

036A_b
出典:http://r-tsushin.com/

名前:和知 徹(わち とおる)
生年月日:1967年7月13日(48歳)
出身:兵庫県
出身校:辻調理師専門学校
血液型:A型

高校卒業後、調理師専門学校に入学、翌年フランス校へ。

ブルゴーニュの一ツ星「ランパール」で半年間研修。

1987年「レストランひらまつ」入社。

ひらまつ↓
ひらまつ
出典:http://tabelog.com/

ひらまつ在籍中の1996年、パリ「ヴィヴァロワ」で3カ月研修し、帰国後ひらまつ系列の飯倉「アポリネール」料理長に就任。

退職後、1998年銀座「グレープガンボ」の料理長を3年務める。

2001年、独立。「マルディグラ」オープン。

和知徹がマルディグラをオープンするまで!

和知徹さんは、辻調理師学校をご卒業後、広尾の「ひらまつ」に入って本格的に料理の道を歩き始めました。

10年間お世話になった「ひらまつ」では、レシピをいじってみたり、なかにはフレンチらしからぬことをやってみたりと、好奇心旺盛なシェフだったようです。

枠にはまりたくないと考えていた和知さんは、あるとき、銀座でレストランを経営されているオーナーとの出会いがありました。

そこで、「ひらまつ」をやめて「グレープガンボ」というお店に3年間お世話になることになります。

グレープガンボ(現在は閉店)↓
2012-12-02
出典:https://www.google.co.jp/

このオーナーの方が音楽好きだったため、お話をするうちに音楽の知識が増えたという和知さん。

この頃にニューオーリンズに目ざめ、現地のライブハウスを訪ねて、グラミーを受賞した歌手の歌を聴きながら食事をしたりしたそうです。

その経験から、「音楽+食=楽しい」という方程式のスタイルを練り上げたいと強く考えるようになったそうです。

和知さんのお店の名前も、ニューオーリンズのマルディグラのお祭りから取っているのだそうですよ!

マルディグラのお祭り↓
Mardi_Gras-05
出典:http://www.link-usa.jp/

「グレープガンボ」で3年働くうちに、「フランス料理を軸にプラスいろいろな要素」という自分にとっての一つの形が出来てきました。

そしてそれを自分の店で試したいと思うようになり、「マルディグラ」開店の運びとなります。

マルディグラのメニュー!場所と料金は?次のページへ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする