マルディグラのメニューについて

マルディグラのメニューはシンプルで、フレンチにありがちな難しそうなことは何もなし。

例えば「仔牛肩肉のタジン」「シャラン産鴨モモ肉のグーラッシュ(煮込)」というように、素材と調理法をシンプルに描写するメニュー書きとなっています。

ソースを多用しないため、これがフランス料理かという声もあるそうですが、枠に捉われない独自の領域を作り上げたところが、和知さんの個性なんですね。

マルディグラのたくさんのメニューの中から、ごく一部をご紹介しますね。^^

豚上ロースの1本焼き キャラメルバターソース ピンク仕上げ ¥21,600

0fb02b4f68bd744b13c28a7fc449d2
出典:https://tokyo-calendar.jp/

短角牛リブロースのビステッカ ¥16,000

eb42661dbb72f8c92715e63fc642e7
出典:https://tokyo-calendar.jp/

ブラジルタイフーン 肉盛り変態スペシャル2 ¥15,000

db17113c7d6d5e8852485c33219eaf
出典:https://tokyo-calendar.jp/

ご予約が必要なメニューもあるようですから、食べたいお肉料理がございましたら、かならずお店に確認されてくださいね。

スポンサードリンク

マルディグラの場所と料金は?

上のメニューからもわかるとおり、価格は銀座設定でお高め。

ご予算は¥10,000~¥15,000くらい必要のようです。

でも、一皿の量はしっかりあるようですよ!^^

mg_03
出典:http://ginza-ryouin.jp/

マルディグラ(銀座)
住所:
東京都中央区銀座8-6-19 B1
TEL:
03-5568-0222
営業時間:
18:00~24:00LO
定休日:

おわりに

マルディグラの人気の秘密は、南米・トルコ・ヨーロッパなど、和知さんが年に数回敢行している“肉旅”にあるのだそうです。

5/8の『情熱大陸』では、和知さんの中央アジアへの“肉旅”に密着取材し、その旅の中で“極上の一皿”が誕生するということですよ。

これは楽しみですね!*^^*

本日もお読みいただき、ありがとうございました。