4月9日(土)、テレビ東京系で放送の「クロスロード」に、今まで見たことがないような独創的な和菓子を創り出す和菓子職人ユニット「wagashi asobi(わがしあそび)」の、稲葉基大(いなばもとひろ)さんと浅野理生(あさのりお)さんがご出演されます。

今回は、wagashi asobi のお二人のプロフィールや経歴、お店の場所や価格、結婚や子どもについて、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

wagashi asobi・稲葉基大と浅野理生のプロフィールと経歴!

177766_re_IMG_0647_1-2
出典:http://ima-colle.jp/mypages/1227/16694

名前(写真左):稲葉 基大(いなば もとひろ)
年齢:42歳
出身:東京都

製菓技能士一級・製菓衛生師
NYC FOOD PROTECTION
Tokyo Midtown Aword 2012 デザインコンペティション 柴田文江賞受賞
NY勤務6年間を含む20年間、都内の老舗和菓子店での修行を経て独立。

名前(写真右):浅野 理生(あさの りお)
年齢:42歳
出身:北海道虻田郡

製菓技能士一級・製菓衛生師・栄養士
2008年、稲葉基大とともに創作和菓子ユニット「wagashi asobi」を設立。

和菓子職人ユニット・wagashi asobi(わがしあそび)とは?!

稲葉さんは、和菓子の老舗である虎屋に入社し、東京での勤務を経た後、ニューヨーク店へ。

海外に出ることで、和菓子の持っている大きな可能性に気づかれますが、ニューヨーク店を閉めるにあたって帰国されます。

ニューヨーク・マンハッタンにあった虎屋↓
NY-cha-5-4
出典:http://www.o-cha.net/

虎屋に勤務しながら、あるサークル的会合に参加したとき、メンバーの一人に、「イベントをやるので、テーマに沿った和菓子を作ってもらえないか」と依頼を受け、やってみたところ、これが好評となります。

次第に依頼が入るようになり、「wagashi asobiを名乗るようになりました。

一方、浅野さんは、もともと、和菓子職人になりたいと考えていましたが、女性を職人として採用する店が少ない時代。

紆余曲折を経て、京都の老舗鍵善良房で修業された後、有名菓子店を経て、虎屋に入社。
稲葉さんと知り合い、「wagashi asobi」に誘われます

そこで、個々での活動を繰り返すうちに「稲葉さんと浅野さんで和菓子を」という要望が出てきて、二人で創作を始めたのだそうです。

写真家や器作家、ジャズシンガーなど、さまざまなアーティストとコラボレーションし、テーマに合った美しくかわいい和菓子を提供する2人の活動は、次第に注目を集めていきます。

年間のイベント回数も、100件を超えるほど多くなっていきました

wagashi asobiさんのイベントでの作品↓
Exif_JPEG_PICTURE
出典:http://wagashi-asobi.com/news/?m=201203

イベントを開催するたびに、「この和菓子はどこで買えるのか?」と聞かれるようになります。

でも、イベント専用につくる菓子は、その時限り。別の機会に買うことはできません。

稲葉さんがどうしようかと悩んでいた時、知り合いが経営していたカフェを閉店するという話を聞きます。

交渉の末、その店を居抜きで借りられることになり、独立を決意

2011年、稲葉さんは浅野さんとともに、東京都大田区上池台に店舗を構えます。

東京の下町の小さな商店街にあるこの店舗を拠点に、お二人は創作和菓子を発信し、首都圏を中心として国内だけでなく、NYやParisなど海外にも、活動の「和」を広げておられます

和菓子の値段は?2人は夫婦?子どもは?次のページへ!