wagashi asobi(わがしあそび)の稲葉基大と浅野理生(和菓子職人)はユニットで夫婦なの?

wagashi asobi、お店の場所は?和菓子の価格も気になる!

「wagashi asobi」の店舗では、稲葉基大さんと浅野理生さんの、それぞれの自慢の一品のみを販売しているそうです。

その和菓子とは、稲葉さんがつくる「ハーブのらくがん」と、浅野さんがつくる「ドライフルーツの羊羹」。

稲葉氏がつくる「ハーブのらくがん」。ローズマリーやカモミールといったハーブから、ゆずやイチゴの果物など、落雁は、フレーバーを変えることでさまざまな風味が楽しめる。形も自由につくることができ、伝統的なイメージから、斬新なものまで、無限の可能性を秘めている<br />(C)MIHO
ハーブのらくがん 1種類 4粒入 360円(税込)

(C)MIHO
ドライフルーツの羊羹 1棹 2,160円(税込)

以上、出典:http://vl-fcbiz.jp/article/a002480.html

商品数が少ない理由は、店舗の立地を考えてのこと

店舗の場所は、駅から延びる商店街の一番端で、休日でも人の往来がほとんどありません。

稲葉さんは、客数が見込めない場所ならば、付加価値の高い商品のみで勝負しようと考えられました。

近い将来、地元の方々にまちの名物として、自慢の手土産として選んで頂けるような和菓子に育てていきたいと願っているそうです。


出典:http://wagashi-asobi.com/aboutus/index.html

店名:wagashi asobi(わがしあそび)
住所:東京都大田区上池台1-31-1-101
TEL & FAX:03-3748-3539
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
※イベント等で不在の場合がございますので、ご来店の際は事前にお問い合わせください。

商品は店舗でお求めいただけるほか、以下のHPから、お取り寄せ・発送も可能だそうです。

HP:wagashi asobi tokyo

スポンサードリンク

wagashi asobiの2人は結婚しているの?子どもはいる?

お二人がご夫婦だという情報は、wagashi asobiのHPやお二人のSNSなど、いろいろと調べてみましたが、どこにも記載はありませんでした。

しかし、浅野さんのフェイスブックの情報によると、お二人の間には3歳くらいになる娘さんがいらっしゃるようなので、実質的にはご夫婦だと考えてもよいのではないでしょうか。

下の写真は、2013年12月にBSフジで放送された番組からのものです。

お二人の真ん中にかわいらしいお子様が写っていますね。^^

140_1
出典:http://www.bsfuji.tv/table/backnumber/140.html

夫婦だと公言しない理由は、お二人の間に創作への緊張感が保つためかな・・・と
思ったりしましたが、真相はどうなんでしょうか。^^

おわりに

一瞬一粒(ひとつひとつ)に想いを込めてつくる。
これを理念として活動しているというwagashi asobiさん。

お二人の作る和菓子を、一度味わってみたいですね!

クロスロードでは、なんと、ひと月以上も密着取材されたのだそうですよ!
今晩の放送を楽しみにしたいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする