5月22日(日)放送の『行列のできる法律相談所』(日テレ系)に、著述家の湯山玲子(ゆやまれいこ)さんがご出演されます。

湯山さんは、朝の情報番組『スッキリ!』のコメンテーターとしてもおなじみですよね。

今回は、湯山玲子さんのプロフィールと経歴体重作曲家の父結婚や夫・子どもについて、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

湯山玲子のwiki風プロフィールと経歴!

yuyama_01
出典:http://getnews.jp/

名前:湯山 玲子(ゆやま れいこ)
生年:1960年(56または57歳)
出身:東京都杉並区久我山
出身校:学習院大学法学部卒

著述家、ディレクター。

ぴあに入社。

1990年代初頭にフリーの編集者となり、雑誌や単行本の編集、執筆に加え、広告のディレクション、プロデュースなど多分野で活動。「現場主義」を標榜している。

クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなどに口を挟むことが多い。

自らが寿司を握るユニット「美人寿司」も主宰。

有限会社ホウ71取締役。

日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。

著作に『女装する女』(新潮新書)、『四十 路越え!』(角川文庫)、『ビッチの触り方』(ワニブックス)、上野千鶴子との対談『快楽上等! 3.11以降を生きる』(幻冬舎)、『男をこじらせる前に 男がリアルに ツラい時代の処方箋』(角川書店)など多数。

ダウンロード (1)
出典:http://www.amazon.co.jp/

日本テレビ『スッキリ!』MXテレビ『バラいろダンディ』NHK第一ラジオ『すっぴん 音楽コーナー』レギュラー 出演中。

湯山玲子の気になる体重は?

湯山さんは雑誌『ぴあ』の編集者をしていた20代後半から、一気に10kgのハイペースで増量したことがあるのだそう。

バブル期ですさまじく忙しく、仕事しているか食べるかの日々。

以降、体重は高めに安定しているそうです。

(具体的な数字までは、わかりませんでした。)

湯山さんは、太めであることによって、男性から嫌われた記憶はないそうで、「モテと体重はあまり関係ない」とおっしゃっています。

湯山玲子の父親は作曲家?!

湯山玲子さんの父親は、クラシック音楽の作曲家の湯山昭(ゆやまあきら)さんとおっしゃいます。

お父様のプロフィールも簡単に載せておきますね。

yuyama
出典:https://www.zen-on.co.jp/

名前:湯山 昭(ゆやま あきら)
生年月日:1932年9月9日(83歳)
出身:神奈川県平塚市

東京芸術大学音楽学部作曲科在学中の1953年、NHK・毎日新聞社共催の音楽コンクール(現在の日本音楽コンクール)に「ヴァイオリン小奏鳴曲」で第1位次席となります。

翌1954年、同コンクールに「弦楽四重奏曲」で第2位と連続して入賞し、作曲界で頭角を現しました。

器楽、合唱、童謡と幅広い分野の作品を発表していらっしゃいます。

とりわけピアノ曲をたくさんお書きになられた方で、ピアノ曲集も多数出版されています。

ダウンロード (2)
出典:http://www.amazon.co.jp/

社団法人日本童謡協会会長、社団法人日本音楽著作権協会評議員会議長を歴任。

湯山玲子の結婚、夫、子どもについては次のページへ!